株式会社ユーエー情報

2015年4月入社

2名が入社しました
株式会社ユーエー情報株式会社ユーエー情報

S.S
私がユーエー情報に入社した理由は、人の役に立てる物づくりが
出来るという点に魅力を感じたからです。
就職活動において、私は物づくりに携わりたいという気持ちがあり、
システム開発関連の企業を何社か受けてきました。
その中で、ユーエー情報は、説明会の時にアットホームな空気があり、
この会社ならば長く働き続けられるだろうと思い、入社を決意しました。
研修期間の中では、技術を身につける必要性と同じくらいに、
コミュニケーション力を高めていく必要性があることを認識しました。
先輩方から色々と教えていただきながら、自らも勉強に励み、
自身を着実に仕事が出来るような人間に仕上げることが今の目標です。

N.I
私は文系大学の出身で、IT関係の知識は、ほとんどないまま入社しました。そのため、新人研修において「マスタ管理システムの作成」という課題を与えられたときは、「全く知識のない私でも作れるのだろうか?」と不安でした。しかし、上司や先輩社員の方々が、一から丁寧に指導して下さったおかげで、無事に終えることが出来ました。
新人研修を終えてからも、日々、知らないことや分からないことが山のように出てきます。その中で、失敗することもありますが、その分だけ多くの発見があり、学ぶことがあり、毎日がとても充実しています。
今後の目標は、上司や先輩社員の方々と一緒に会社を盛り上げて行けるようになることです。そのために、日々多くの経験をするように心がけ、仕事のノウハウを学んでいきたいと思っています。



2016年4月入社

3名が入社しました
株式会社ユーエー情報株式会社ユーエー情報株式会社ユーエー情報
E.I
私は文系出身でプログラミング等の知識が無く、
入社直後の研修課題の作成期間は「本当に完成できるのだろうか?」と不安に思
うことばかりでした。
しかし、先輩社員の方々が一つ一つ丁寧に指導してくださったので、
無事に完成させることができました。
また、1つのツールを作り上げることで、物づくりの楽しさを知ったり、
完成した際の達成感を得ることができ、とても充実した研修期間となりました。
今後は、分からないことや疑問点は積極的に質問したり調べる、ということを心
がけてコツコツとスキルアップしていきたいです。

 

H.M
私は、IT関係についての知識がほとんど無い状態で入社しました。
研修期間では、先輩方からシステム開発の基礎を学び
実際に簡単なシステムを開発しながら、システム開発の工程を体感することがで
きました。
複数人で一つの物を作る作業がいかに大変かを知ると同時に、
かたちになった際の感動は非常に大きいものだと感じました。
学ぶことも多く、先輩方に迷惑をかけてしまう場面もありますが、
日々、新しい発見と向き合い、経験を確実に業務に活かせるようになりたいと
思っています。

 

K.M
私は文系大学の出身で、パソコンの使い方やIT業界について
知識がほとんど無い状態で入社しました。
新人研修が始まってからもわからないことばかりでしたが、
先輩方が一つ一つ丁寧に教えて下さったおかげで
入社してからたった二ヶ月で、アプリケーションを作り上げる
ことが出来ました。
研修では、コミュニケーションの大切さと1つの物が出来た時の
達成感を得る事が出来ました。
研修期間を終えて正式にプロジェクトへ配属されることとなり
不安もありますが、今は期待感の方が大きいです。
今後は、私自身が教える立場になれるように
たくさん勉強して、色々な経験を積んでいきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

2017年4月入社

1名が入社しました
株式会社ユーエー情報

 

M.E
私はいままで、プログラミングの知識はありませんでしたが、
会社説明会で仕事内容を聞き、挑戦してみたいという意思が芽生えて入社を決めました。
入社当時は右も左もわからない状態でしたが、先輩社員の方々はとても優しく、
何もわからない私に対して、解るまで説明してくれました。
また、アプリケーションを作成するという新人研修課題ついては、
プログラミングの難しさに直面し、完成することへの不安に頭を悩めましたが
先輩社員にアドバイスや指導、説明をして頂き、無事に新人研修課題を
完成させることができました。
達成感やプログラミングをする楽しさ、新しいものを覚えることによる新鮮さを
得ることができ、とても充実した新人研修期間でした。
新人研修を通して、「コミュニケーションの大切さ」、「自分から率先して聞くこと」、
「分からないままにしないこと」の重要性を改めて感じました。
新人研修期間やOJT期間を終えて正式にプロジェクトに配属された今、
まだまだ学ぶことが多く、先輩社員の方々に迷惑をかけてしまうと思いますが、
自分が進歩するために分からないままにせずに理解するまで聞くことを心がけて、

一社会人として頑張っていきたいと思います。